明日の楽しみは給食のプリン

「ハンバーグ」が好きな人もいるだろうし、嫌いな人もいると思う。なんの感情もない人も。あなたが感じる「グラタン」はどんな感じ?

ホーム

ぽかぽかした月曜の日没は足を伸ばして

知佳子はAさんの事が大好きみたいだ。
Aさんも知佳子の事を大切にしている。
Aさんが出張が決まると、知佳子も絶対行くし、つい最近は私も一晩だけ同行させてもらった。
この2人は私を同じ名前で呼びかけるし、どこのお店に入ろうか、とか、まず私に質問してくれる。
なんとなしに気にかけてくれているような感じがしてとても居心地がよかった。

気どりながらお喋りする友達とよく冷えたビール
ある日、宮崎に働きに出かけた。
この辺はとても暑い!
ゆとりのある上着の上から、スーツの上。
汗をかいてサウナ状態になりすぎて、上のジャケットはボロボロに。
ホテルにへついて、ジャケットをボディーシャンプーで綺麗にした。
次の日着るとジャケットはグレープフルーツの良い香りがした。
上着が痛むのではないかと気になったけれど、何があっても洗いたいと思っていた。

風の無い祝日の朝にこっそりと

ちかこが、自分の部屋のベランダにて、トマトを育てている。
実ったらトマトスープを作る予定だという。
育てているとは言うものの、しょっちゅう水も肥料もあげないし、近くで煙草をふかすので、ミニトマトの周りの空気はぜんぜん良い環境ではない。
1日、水も肥料も与えていないと言う時の、その様子は、葉っぱが垂れ下がっていて、なんとなくしゅんとしている様子に激似だ。
可哀想になったので、水と肥料をたっぷりあたえると、次の早朝のトマトは生き生きと復活していた。

熱中して踊るあの人と俺
友人のボーイフレンドが梅干しを販売しているとの事。
東京に本社があり、中国にショップもでき、関西の方に工場がある。
日本全国に、たまに、何名かのメンバーで試食会をするらしい。
深夜に、こんな話を聞くと、おなかがすいてきた。
梅干し食べたくなった〜!と言ったら、もちろん!と言いながら出してくれた。
このときに食べた梅干しが、人生で最高に美味しかった。
という事で、早速はちみつ梅を注文してしまった。

笑顔で話す彼女と俺

取り掛かったら、ものにするまでに多くの時間を要するものが、世間にはたくさんある。
私は、外国語だろう。
と言いつつ、韓国語は例外で、日本の言葉と語順が同じ、SVOで、実は日本語にない音が少ないので、わりと習得が早いとか。
しばらく韓国語を勉強した友達の明日香ちゃんは、今からのスタートでもわりと習得しやすいのでやりがいがあるよ、とのこと。
ほんの少し参考書でも読んでみようかなあ・・・と思ったけれど、独特な文字は絵にしか見れない。

ひんやりした祝日の午後に散歩を
何年か前から、九州の南に住むようになって大型台風をとっても気にすることになった。
風が全く違うからだ。
長崎に住んでいたことも茨城に住んでいたこともあるが、台風の被害が全然違う。
サッカーのゴールが転がり走ると話を聞いた時は、オーバーだと思ったが、本当だった。
暴風域の猛威がすごい台風が通った後は、ヤシや高い樹は道に倒れ、海辺の道路は海からのゴミであふれ車で走るのにも道を選ばないと走れない。
海辺の民家では、車のフロントガラスが割れたり、家のガラスが破損し、風が入って天井が飛んだりと本当かと思っていたようなことを見た。
真上を通らずにかすめていくだけでも風はとっても強く、古い家にいると家の揺れる音がたいそう心配してしまう。

笑顔で歌う友人とファミレス

名高い見学スポットである、斑鳩寺、つまり法隆寺へ向かった。
法隆寺式伽藍配置もばっちり見せてもらって、五重塔、講堂も目にすることができた。
資料館で、国宝にも指定されている玉虫厨子があり、考えていたよりも少しだけ大きかった。
このお寺に関して学ぶには、きっと、かなりの時を要するのではないかと考えている。

雲が多い月曜の夜は食事を
健診は、毎回どこかしら引っかかる。
心臓だったり、血液の数値だったり、胃だったり。
胃の検診をバリウムを飲み干して受けてみて、検査結果を受け取ると、がんの疑いが存在して、いち早く、胃の再検査を紙面に記載の病院にて受けてください。
と印刷されてあったのには、あせった。
あせったていうか心配だった。
急いで評判の良い病院に胃カメラに車で行ったら、結局、胃炎だった。
胃はすでにうずいていたので、検診に引っ掛かったのはわかるが、文字で名前と胃がんの疑惑が存在すると書きつけてあったら不安だった。

雹が降った大安の夜明けはひっそりと

恐ろしいと感じるものはいっぱいあるけれど、海が非常に怖い。
しかも、グアムやハワイなんかのクリアな海ではない。
もっと上を行くのが、しまなみ海峡などの黒い海だ。
つい、どこを見ても海、なんて状況を想像して怖くなってしまう。
それが味わってみたかったら、open water というシネマがベスト。
スキューバーで海のど真ん中に取り残された夫婦の、トークのみで展開していく。
どう考えても、私にとって怖いストーリーだ。
本当にあり得る話なので、ドキドキ感は大変味わえる。

じめじめした土曜の午後にお酒を
わたしは、肌が弱く、化粧はほとんど出来ないし、洗顔石鹸も限られている。
仕方がないので、野菜やサプリの力に頼ることになるのだが、ここ最近摂っているのがコラーゲンだ。
ジュースに入れて、しばらく飲んでいるけれど、多少素肌がつやつやになった。
その上、飲むようになってから効果が出るまで、即効性があったので、びっくりした。

↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2015 明日の楽しみは給食のプリン All rights reserved.