明日の楽しみは給食のプリン

雑誌とかのアンケートとかで、「冒険」について尋ねられたら、君はどう返答する?「開発者」は、人それぞれで印象が全く違うかもね。

ホーム

自信を持って自転車をこぐ家族と草原

友人の彼であるSさんの物産会社で、いつも和歌山の梅干しを購入している。
酔っぱらうと電話をくれるSさんの部下でアルEくんという働き者は、まったくトークがかみ合ったことがない。
シラフの時のE君は、相当な人見知りらしく、そう多くは話さない。
だから、私自身、Eくんとまともにコミュニケーションをとったことがない。

ゆったりと大声を出す子供と暑い日差し
「富士には月見草がよく似合う」との名言を記したのは小説家の太宰だ。
太宰治は、バスで、御坂峠を越えて、現在の甲府市へ向かうところだった。
そこでたまたま一緒に乗ったお婆ちゃんが「月見草」とつぶやく。
その時、振り返った太宰治の視界に見えたのが月見草、そして日本一の名山富士山であった。
富岳百景の一部のこの部分は、富士山を美しさを表すとき欠かしてはいけない。
他にも文芸作品にも引っ張りだこの、3776mの名山だ。
どの位置から見てもおんなじように美しい形をしているために、八面玲瓏と言う形容がよく合うと伝えられる。
間違いないと思う。
私が好むのは春の季節の名峰富士だ。

具合悪そうに自転車をこぐ姉ちゃんと気の抜けたコーラ

旅行で行きたくて仕方がなかった所、それは静岡県の真鶴だ。
この場所を知ったのは真鶴というタイトルの川上弘美さんの小説。
今でも、自分の子どもな頭では、現在でも理解はできていないと思う。
でも、登場する真鶴岬の雰囲気が大好きで、まだ見ぬ真鶴に憧れていた。
静岡県熱海市と、神奈川県との中間に位置する所がここ。
半島の先が真鶴岬。
岬の先、海面から見えているのは三ツ石という岩が3つ。
真ん中の石の上には鳥居としめ縄があって潮がひいたら歩いて向かえる。
願いが叶って、ストーリー中の光景を見に行くことができた。
私の一眼レフの中身は真鶴の写真がいっぱい。
小さな宿のおばさんにまた来たいと話すと喜んでくれた。

のめり込んで歌う君と擦り切れたミサンガ
よくテレビで見る大物が電撃引退ということで、ネットやニュースでたっぷりやっているが、たいそうすごいなと思う。
次期総理大臣がどの人に決まるかという内容よりニュースでは順序が速かった。
どなたが国の首相になろうが変化しないと考えるのも非常にいますし、それよりは大物お笑い芸人が芸能界を引退発表というのが影響がでるということですかね。

涼しい水曜の深夜は読書を

田舎に住んでいたら、ネットショップでものが簡単に購入できるようになったのが、とても便利だ。
その理由は、大型の本屋が市内に一軒しかなく、品ぞろえもひどいから、購入したい本も買えないからだ。
取り寄せるよりはネットショップで買う方が簡単だ。
なぜならば、本屋に行くのに原付で30分近くかかるからたいそうめんどうだ。
オンラインショップに手慣れたら、なんでもオンラインショップで買うようになった。
電化製品は、ネットのほうが絶対に安価だし、型番商品は確実にネット購入だ。
だけど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

寒い平日の夕暮れは立ちっぱなしで
何か一つの好きなことを、長く続けているような人に尊敬する。
スキューバだったり、写真だったり、凄く小さい内容でも。
ワンシーズンに一回だけでも、あの友達で、あの温泉旅館に連泊する!というような事も良いんじゃないかなと思う。
どんなことでも一個の事を辞めないで続ければ最終的には実用レベルまで達することがあるだろう。
実は、3歳のころにピアノとバレエなんかを習っていたが、続けていればよかったな。
こう考えるのは、部屋の角に父にプレゼントされたピアノが置かれているから。
今の自分は全然分からないピアノだが、いずれもう一度弾きたいという夢がある。

控え目に自転車をこぐ先生と夕焼け

鹿児島の老齢の主婦の方は、日ごとに、切り花をお墓にしているから、そのために、生花がふんだんに必要で、生花農家も多数いる。
夜間、バイクで走行していると、菊の為のの光源がちょくちょく夜間、バイクで走行していると、菊の為のの光源がちょくちょく目撃する。
家屋の電灯はすごく少ない田舎だけれども、しかし、電照菊光源はちょくちょく目撃する。
電照菊電灯はちょいちょい目についても人通りはとってもわずかで街灯のライトもたいそうほんの少しで、危険なので、学生など、駅まで送ってもらっている学生ばかりだ。

ゆったりと体操する彼女と冷たい肉まん
アンパンマンは、子供に気に入られる番組だけど、しかしとっても暴力的のように思う。
話の最後は、アンパンチといってばいきんまんをUFOごとぼこぼこにして解決する時がとても多いように見える。
幼児にもとっても悪い影響だと私は思う。
ばいきんまんとかびるんるん達が、そんなに悪いことをしていない話の時でも殴って話を終わらせる。
アンパンマンは、ばいきんまんとどきんちゃん達を見たら、やめろといいながらもう殴りかかっている。
話を聞かない。
説得するわけでもない。
ただ、殴って話を終わらせるからいつになっても変わらず改心せず、いつまでたってもいっしょだ。
思うのだけれど原作は違うのだろうけど、テレビ受けの内容にするためにそんなふうになっているのだろう。

凍えそうな祝日の日没は冷酒を

社員で働いていた時の先輩は、社長令嬢で、これぞお金持ちだった。
小さくて活発でハイテンションで、動物好きの先輩。
動物愛護サークルなど設立して、頑張って活動をしている様子。
毛皮反対、ヴィーガン、動物実験反対。
少し前に、部屋に訪問したことがある。
都心にある高層マンションで、六本木ヒルズが見えた。
先輩は、手入れの行き届いた上品なシャムネコと仲良しだった。

一生懸命大声を出す姉妹とよく冷えたビール
ビールなど、アルコールのお供に、ぜひ健康に良い食材を!と思っている。
ここ最近のおつまみは焼いた葱。
その前はサンマ。
それにも飽きて、直近では湯葉だけれど、少々高めなので断念。
昨日、新たなおつまみを発見した。
だいたい90円くらいのエリンギ。
好きな大きさに切って、オリーブオイルで炒めて、みりんと醤油を少々ふりかけて味を調えたもの。
大分料金は低め、KCALも低い気がしませんか。

↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2015 明日の楽しみは給食のプリン All rights reserved.