明日の楽しみは給食のプリン

さあ、「歌手」のことを考えてみたいんだ。さほど敬遠するようなことじゃない気がするんだ、「ステーキ」の特徴とかはね。

ホーム

具合悪そうにお喋りする母さんと夕焼け

良いプレゼントを考えなくてはと考えている。
記念日が近くて、妻に何かしら贈り物を渡したいのですがめちゃめちゃいい案が決まらない。
妻になんか欲しい物があるのならばいいのだが、あまり、欲しがるものが存在しないので、本人がもらって喜びそうなものが見当たらない。
ただ、見つからない様に欲しい物を考えてびっくりさせたい。

そよ風の吹く月曜の午前に立ちっぱなしで
店内の列は、だいたい日本人だという感じだったのでその雰囲気にも驚いた。
店内の列は、ほぼ日本からの観光客という状態だったので、その雰囲気にもびっくりした。
それは、韓国の美容液などは肌に良い成分が多く使用されているらしい。
もちろん、それにも惹かれるけれど店の人の言語能力にも凄いと思った。
日常生活程度なのかもしれないが、日本語が充分に通じる。
私は、頼りない英語を使う気満々で行った韓国旅行だけど、必要ないくらいに。
会話の機会があれば、努力すれば外国語を理解できるということを証明してくれたような旅行だった。

雨が上がった休日の夕暮れは昔を懐かしむ

挨拶用でいくつかスーツに似合うワイシャツを購入しているけれど、いつも買う時に多く着てみる。
それだけ、シャツのかたちにこだわってしまうのも珍しいと思うようになっていた。
すると、営業先で、Yシャツはオーダーでと言っていた方がいたので、非常にびっくりした。
たしかに、シャツ一枚でスタイルが良く見えるので、いいかもと感じた。

夢中で口笛を吹く先生とアスファルトの匂い
末端冷え性にかかってからは、わずかにヘビーだけれど、結局冬が好きだ。
外の空気が乾燥しているからか、カラリとした匂い、加えて暖房器具のぬくもり。
冬の陽の光って華美な気がするし、カメラを持って、夜の海もきれい。
季節の空気を撮る場合は、性能のいいカメラもいいけれど、トイカメで思う存分連写するのが本当に雰囲気のある一枚が発見できる。

涼しい平日の明け方はお菓子作り

職場で関わった女性がいる。
変わったイメージで、彼女の話はどれも興味深かった。
おまけに彼女は資格大好きだということ。
幼稚園教諭の免許、クレーン免許、小型船舶の免許。
観光英語検定1級、調理師免許、そして、元CAさん。
公認会計士もパスしているとうわさ。
さすがにこのことを友人に話してみたところ、あなたの聞き間違いもあり得ると思う、など言われたけれど。
彼女は、父親と同い年の専務と職場結婚で退職していった。

一生懸命自転車をこぐ妹と履きつぶした靴
今晩は一家そろって外で食べる事になっているので、少年は下校の時、思わずスキップしてしまうほど嬉しかった。
何を食べようかな、と夜が待ち遠しくて、いろいろと考えていた。
ハンバーグやピザ、天丼やカツ丼、などなど、メニュー一覧には何が載っているのかも楽しみだった。
今回は近くにあるファミリーレストランだ。
お父さんが運転してくれている車はもうじきお店に到着する頃だ。
お母さんは助手席でお父さんとお喋りしている。
お姉ちゃんは少年の隣で、手鏡でニキビをチェックしている。
少年は車のドアを閉めると、期待に胸を膨らませて、入り口を真っ先に開けた。

怒って吠えるあの子と夕焼け

太宰治の斜陽の、がお気に入りの私は、静岡にある安田屋旅館に足を運んだ。
共に本をよく読む友人。
ここ安田屋旅館は、小説家の太宰がこの小説の一部を集中して執筆するために泊まった港町にある旅館。
建物の中を動くと、ギシギシと、音がする。
向かったのは、太宰治が宿泊した階段を上がってすぐの角の部屋。
立派な富士山が半分、姿を出していた。
すぐそばの海の中にはいけすが張ってあった。
三津浜は見どころが大いにある。

雨が降る火曜の午後は昔を懐かしむ
漁港の近くに私たち家族は、暮らしているので、高潮を母が気をもんでくれている。
ことのほか震災後は、どれくらい海から隔たっているのかとか地理的に高い場所はそばにあるのかとか口々に言う。
私と妻も心配だけれど、あっさりと金額的にいける賃貸も見つかるわけではない。
ただ、本当に大津波がくるとなってしまった際にのがれる道のりを確定しておかないとと思う、けれども、堤防近くしか近くに道がないので、ちゃんと想像したら危険だということがよくわかった。

天気の良い祝日の晩にゆっくりと

ブームが去った今、ニンテンドーDSに虜にされている。
はじめは、DS英単語にもっと英語漬けやターゲットのゲームソフトを使用していただけであった。
だけど、ヤマダ電機でソフトを見ていたら、英語関係以外も目移りしてしまい、いつも欲しくなってしまう。
ピクロスDSやクロスワード、桃太郎電鉄とか。
変わったソフトで、トラベルシリーズも売れているらしい。
これは、移動中などの暇な時間にも活用できそうだ。

具合悪そうにダンスする母さんとよく冷えたビール
梅雨がこないだ明け、今日蝉の鳴き声で目が覚めて、少年は「今年も夏になったなぁ。」と思った。
あと10日ほどで夏休みという休日のお昼前、少年は縁側で入道雲を見ながらアイスクリームを舐めていた。
頭の上では風鈴がときどき鳴っていた。
いつにも増して暑い日で、日差しが少年の座った足を照りつける。
少年は元気に半ズボン姿だった。
顔中から汗が流れ、アイスもとろけてきた。
少年は、近所の市民プールのオープンを待ち焦がれていた。

↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2015 明日の楽しみは給食のプリン All rights reserved.